入国管理・在留資格取得などの支援

入国管理・在留資格取得
目次

入国管理、在留資格認定の支援

内閣府によると、2017年10月末時点での日本国内における外国人労働者数はおよそ128万人。(内閣府「外国人労働力について」2018年2月20日より)
2012年に微減したものの、ここ10年間毎年のように外国人労働者の人数は増加しています。

国内の労働力不足を補うために、これからも外国人のみなさんの力を借りることは多くなっていくことが予想されます。

2017年11月1日には技能実習法が施行され最長3年だった滞在期間が5年になったように、いままでの規制が緩和され外国人労働者を雇用しやすい状況が整備されていく方向にあります。

しかし、当然ながら雇用するためには様々な手続が必要になります。
外国人を雇用することに対するリスク対策、雇用者や日本人従業員の意識改革も考えなくてはなりません。

ここでは、外国人労働者に関する知識や手続などをご紹介していく予定です。

(すでに日本に滞在している外国人の方向けの情報もご紹介していきます)

よかったらシェアしてください!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる